シンポジウム トップへ戻る
第3回 NPO法人医療教育情報センター市民公開シンポジウム「賢い患者になるために」
主催:NPO法人医療教育情報センター
共催:中央法規出版株式会社
後援:(社)日本医師会/読売新聞社
開催日時
平成16年6月12日(土) 13時より(12時45分開場)
会 場
星陵会館ホール 〒100-0014東京都千代田区永田町2-16-2

舞台全景

基調講演
※題名をクリックすると、講演要旨をご覧いただけます。
「賢い患者になるために」
高久史麿(自治医科大学学長・日本医学会会長)
シンポジウム「賢い患者になるために」
※題名をクリックすると、講演要旨をご覧いただけます。
【司会】橋本信也(医療教育情報センター理事長・日本医師会常任理事)
市民の立場から コミュニケーションは患者と医師の協働作業
佐伯晴子(東京SP研究会代表)
医療の現場を見て 情報の公開が医療現場を大きく変える
田中秀一(読売新聞医療情報部次長)
看護師の立場から おまかせでなく医療に積極的に参加する
西山悦子(新潟大学医学部教授)
医師の立場から 患者が主役になるため良き医師患者関係を築く
今中孝信(元・天理よろづ相談所病院副院長)